白さの出方がケースバイケースだというのも難点

近頃はホワイトニングがますます人気を高めているようです。

歯の黄ばみなどを落とし、白い歯を実現できるのが多くの方にとって魅力的なようです。

しかし、体質や生活環境によっては、なかなか白くならない人もいます。

また、白さの出方がケースバイケースだというのも難点と言えるでしょう。

歯は美人を作る一番のポイントとも言われますので、美容を専門としている審美歯科の先生に相談し、自分の状況や希望をしっかり伝えましょう。

また、歯並びが良くない人は、ホワイトニングと同時に歯科矯正を受けてもいいでしょう。

歯科矯正の治療費はまだまだ高額です。

では、海外で受ければ日本よりも費用が安くて済むのかというと、よくて日本と同じくらい、むしろより高い場合の方が多いようです。

例として、アメリカ合衆国で矯正を受けるとすると、多くの場合、保険が適用されないと聞きます。

皆さん知っての通り、歯科矯正は半年から一年以上かけて行っていくものです。

その間、足しげく歯科医院に通い、口内に異常がないかチェックしたり、器具の位置を調整したりする必要があります。

外国の歯科医院は日本ほど頻繁なケアはしてくれないので、結局、国内での治療が最も安心ということになります。

私は食事の度に歯ブラシで歯を磨かなければ気が済まず、常に歯磨きセットを携帯し、毎食後に5分くらい歯磨きをしています。

年月を経るごとに歯磨きの時間が長くなっていき、それもあって、外で食事するのが苦手になってしまいました。

ですが最近、外出先では簡単なマウスウォッシュを使うようになり、幾分楽になりました。

いずれにせよ、歯のホワイトニングは必ずしておくべきだと思います。

周りの人への配慮ができてこそ大人ですよね。

それと、綺麗な歯にするためには、歯並びを直す歯列矯正を受けてみるのもいいでしょう。

ホワイトニングには色々な種類があり、それらの方法を行えば歯に染みついた黄ばみやヤニを落とすことが簡単にできます。

とはいえ、ホワイトニングの効果は永続するものではありません。

数ヶ月から一年は持つとはいえ、歯のホワイトニングというのは黄ばみの原因がなくなるわけではないですから、歯医者さんで行うオフィスホワイトニングなら、半年程度しか効果は続きません。

対して、歯並びを改善する歯科矯正なら、一度終われば、その後の再施術の必要性はほぼ無いと言っていいでしょう。

歯のホワイトニングとクリーニング、どちらも最近よく聞く言葉ですが、ホワイトニングというのは、歯を綺麗にしたいという美容目的で受けるものです。

特に煙草を吸う方でなくても、歯は日々の食事などで少しずつ色が付いてくるものなのですが、それを白い色に戻してくれるのがホワイトニングなのです。

対して歯のクリーニングというのは、歯間に詰まった汚れを綺麗にするもので、ホワイトニングよりも医療寄りの行為ということになります。

歯を美しくする施術には歯科矯正もあります。

これは見た目の改善に加えて、歯のかみ合わせを改善し、顎の関節症などを予防できる利点もあるのです。

基本的には便利なホワイトニングですが、その失敗例としては、白くなるまでに予想以上に時間がかかることもありますし、一部だけが白くなってムラができてしまうケースもあります。

歯の質によってはホワイトニングが効きにくかったりして、要因もまた色々です。

この場合、長い時間をかけてでも、何度も繰り返し施術していけば対応は可能なことが多いです。

歯列矯正の場合と同様ですが、憧れの綺麗な歯を実現するまでの時間もあくまで人によりけりというわけですね。

一口にホワイトニングと言っても色々あります。

歯科に通って受けるものの他、ホームホワイトニングと呼ばれる、自家用の薬剤とマウスピースを使って行うものがあるのですが、薬液の効果が薄かったり、マウスピースを付ける時間が長く取れなかったりすると、思ったように効果が出ないで終わるという可能性もあります。

ちなみに歯並びを矯正する治療を受けている間は、並行してホワイトニングを行うことは無理だと思われていることも多いようですが、状況や手段によっては、両者を同時進行することもできるのです。

以前、歯科矯正で体調を崩したので、やむを得ず矯正を中断することにしました。

これで歯並びに自信が持てるかと期待していただけに、矯正を中断するのはショックでした。

他に良いやり方が無いのかと質問してみました。

でも効果が期待できるようなものは見つからなかったそうです。

歯科矯正は誰でもできるものだと思っていたので、歯並びによっては向かない場合があるというのは、全く知りませんでした。

最近では歯列矯正も便利になってきましたが、施術にあたり、前もって不要な歯を抜歯しなければならない場合もあります。

歯の並びがあまりに悪いケースでは、矯正しようにも、他の歯に干渉して思うように動かせない場合が考えられるための処置です。

こうした状態では、歯を抜かずに矯正を進めようとしても、歯の並びが広がってしまって、最悪の場合は顔の形まで変わってしまいます。

矯正器具を付けている間は、普段よりも口臭がするようになることは実際にあるようです。

原因は、矯正器具の隙間に食べかすが残ってしまうことです。

矯正期間中だけの臭いなのですが、口臭が周りの人を不快にさせるのも確かです。

皆さんも、歯科矯正を受けるなら、自宅でも出先でも小まめな歯磨きがやはり必須と言えるでしょう。