睡眠時間足りなくなることがニキビを作り出す原因かも?

徹夜が続いてニキビでぶつぶつになりました。

私はすぐニキビができる方なので、少しでも肌にダメージを与えるとブツブツ顔になるのです。

だからどれだけ時間に追われていても、なるべく早く床についてよく眠るように努めています。

睡眠時間足りなくなることがニキビを作り出す原因だと思います。

ニキビそのものは、10代までしか使わない言葉で、20代以上になるとニキビとは言わないななんて言われることが多いです。

少し前に、久しぶりに鼻のてっぺんに大きなニキビを見つけたので、主人に、「あ、ニキビだ」というと、笑いながら、「まだニキビなんて言ってるの?」と、からかわれました。

白く化膿したニキビを見つけると、いじって中身を出してしまいます。

白く膨らんだニキビから白い中身が飛び出してくるのが大好きなんです。

でも、五回に一回はつぶしたときに芯が残り、無理にでも中身を出そうとして、ニキビのあったところが窪んで跡になってしまうのです。

そのニキビの後を見ると、もうニキビをつぶしてはいけないともう反省するのですが、白いニキビができるとどうしてもつぶしたくなって、再びつぶしてしまうという悪循環の繰り返しです。

ニキビができてしまう理由のひとつに、乾燥も含まれます。

肌の余分な油脂のせいでできるんじゃなかったの?と疑問に思う人も少なくないかもしれません。

当然、余分な油脂のせいで毛穴が詰まるのも原因のひとつなのは本当ですが、そう思って逆に油脂を落としすぎてしまうと、そのせいで肌が乾燥し、それがもとでニキビができてしまうのです。

炎症を起こした状態のニキビは、顔を洗う場合などにほんの少し触っただけでも痛いと感じるようになります。

そのため、炎症を起こしている場合は、どんなに気になっても指で触るのは絶対にやめてください。

触ると痛いからというだけではなく、それが原因で指から雑菌が入って、さらに症状がひどくなってしまうことがあります。

吹き出物を防ぐために、私は毎朝、果物を摂取するようにしています。

その時期の旬のフルーツをどんなことがあっても摂取しています。

果物を食べるようになってから、肌を見てくれる人が多くなり、生理前でも、最近は吹き出物が発生しなくなりました。

便秘が治ったのも、ニキビが発生しなくなった理由の一つと考えることができるかもしれません。

ニキビというのは、とても悩み多きものです。

ニキビが出る時期というのは、主に思春期の頃ですから、気にかかってしょうがなかった人も多かったのではないかと思います。

ニキビはできる前に予防も大事ですが、薬で治すことも出来ます。

ドラッグストアへと行き、薬剤師の方に尋ねると、合う薬をすすめてくれます。

ニキビが出来やすいと苦悩されている方には体質改善に取り組む事を推奨します。

ニキビができる要因としては甘い食べ物や脂質が多い食べ物を食べることが挙げられます。

それらを僅かでも食べないというのは辛いですが、野菜や発酵食品などをたくさん食べる事によって消化能力が向上し、体質が良い方向に変わることにも繋がります。

ニキビを搾ると、そこから膿が出ます。

もっと潰すと今度は芯が出ます。

それがニキビの原因なのですが、潰して中から芯を出すことは決して良い方法ではありません。

無理矢理に潰すことになるのですから、より炎症が広がります。

ニキビ跡としても残ってしまうので薬等をつけて少しずつに治していきましょう。

ニキビができるのはアクネ菌のせいなので、フェイスタオルやスポンジなどのメイク用品を他の人と共有で使用していたり、肌が直に触ってそのまま洗わずにいたりすると、ニキビがうつってしまう可能性があるので注意しましょう。

また、自分のニキビを触った後で、他の場所を触ると、その場所にもニキビができることがあるでしょう。