算出された査定価格の根拠をきちんと示す必要がある

一般的に、不動産の査定は土地の価格相場や、それまでの売却事例を参考に総合的な判断がされています。

もちろん、一通りの査定以外にも、会社によっても特有の査定項目があるために、結果的に査定額が異なります。

不動産会社は、売り主に対して、算出された査定価格の根拠をきちんと示す必要があると法律の規定があるので、査定額を見て不思議に思ったことなどは積極的に質問し、疑問を解消しておくことをおススメします。

基本的なことですが、不動産物件の査定を受ける際、査定額(売却予想値)にばかり気を取られないで、最終的な手取りはどの位になるのか確かめておきましょう。

売却額が大きいほど諸経費の支払いも大きいものです。

主な支出だけでも、売買を仲介した会社に支払う仲介手数料や契約の印紙代、登記変更費用、各種税金等があります。

譲渡所得税は給与所得とは別に計算しますし、計算方法も複雑です。

不明点や疑問に思うことがあれば近隣の税理士事務所に相談したり、あるいは業者の説明時に一緒にいてもらえるかどうか聞いてみるのも良いでしょう。

普通、不動産物件を売るとなると、不動産仲介業者に間に入ってもらって売却先を探すというイメージですが、会社の方針によって物件を直接買い取ってくれる場合があります。

簡単に説明すると、物件を買い取ってくれるところへ査定をお願いし、出された買取価格に納得できればその業者と契約を結び、売却手続きに入ります。

不動産業者に仲介に入ってもらい買い手を探すとなると、それなりの時間が必要になります。

でも、業者に買い取ってもらえば、スムーズな売却計画が立てられます。

物件が売れるまで待つのか、それとも、先にやってしまうのか、今住んでいる家が一軒家、または、マンションであっても、自分に合わせた引越しのタイミングを選ぶことをお勧めします。

手元に資金がない場合には、物件を売却してから新居探しをすると、検討に時間をかけられるかもしれません。

しかし、売却時点で新居が決まっていない場合、仮住まいに住むこととなり、引っ越しの費用が二回分かかります。

仮住まいや引越しといったことを面倒と感じる場合には先に引越しですが、新居契約に必要となるお金を売却前に用意できるかが問題でしょう。

中古マンションが売れない理由として考えられることは、どのようなことでしょうか。

まず、他のマンションと見比べてみた場合に割高でお得感がないこともあるでしょう。

割高になってしまっていたら、たとえ内覧会を開催したとしても訪れるお客様の人数はあまり伸びません。

価格改定が必要です。

それから、契約した不動産屋がマンションの販売促進活動を積極的に行っていないのかもしれません。

そんなことが起こらないようにするためには、仲介契約を結ぶ前に、ちゃんとレインズに登録しているか確認を忘れないようにしましょう。

わが国の木造木骨建築物の耐用年数は、住宅専用の場合、税法上は20年ないし22年であり、残存年数の平均は約30年というのが国土交通省の調査でわかっています。

そのような実績値が影響して、もし築30年かそれ以上経っている家を売る際には、まだ住める状態でも建物には値がつかないとか、いって百万円未満と見積りされるのが普通です。

ですから売却する際は、おそらく土地の価格のみになるだろうと考えられるため、土地(上物あり)といった売却方法もありえます。

リフォームをしてからマンションを売りに出した方が、有利だと考えてしまっている人もいるようです。

しかし、実はそうではないのです。

リフォームには結構なお金が必要になってきますし、リフォーム費用の元が取れないという事態に陥ってしまいがちです。

実際のところ、住まわれる方ごとに好みは全く異なりますから、リフォームをするぐらいならその分値下げした方が想定よりも早く売れたりするのです。

買いたくなくなるような明らかな欠陥でもない限りは、現状のまま売ってしまってOKです。

マンションを売却した後に多いクレームは、いわゆる瑕疵担保責任に関するものです。

通常行われる通りのチェック時にはわかることがなかったものの、のちに欠陥及び破損が見つかると、みつかった欠陥や破損に関して責任を負わなければならないのです。

ところが、新たにそこに住むことになった人が破損させておきながら、売った側に責任を求めてくる場合もあるといいます。

どちらの責任になっても利害関係の存在しない第三者に一緒にいてもらって、映像、もしくは、画像記録を残すことによって要らぬ問題の発生を防ぐことが可能となるのです。

物件を高く売ることができたら、それに越したことはありませんよね。

実は、業者によって査定額は一律ではありません。

場合によっては数百万円程度のバラつきが出ることも少なくありません。

ですから、十分に業者選びの時間を取れるか否かが売却の成功を左右するカギだと言えます。

こうした場合、ぜひ使っていただきたいのが一括査定です。

一度の依頼で多数の業者の見積もりを受けられるので比較検討しやすく、ご自身にとって都合の良い業者が分かりますし、相場も分かるので使わない手はないでしょう。

不動産査定の方法は二種類あり、それぞれ訪問査定と机上価格査定と呼ばれています。

査定の精度が高いのは訪問査定です。

訪問査定では不動産会社が直接物件をチェックし査定額を決定します。

一方で、現地には赴かず、提供された物件の各種データを参考にして査定額を割り出すことを、机上価格査定といいます。

具体的には、築年数などの物件そのもののデータや、周辺地域での相場、会社の持つ似たような物件の販売経験などを参考に簡易的な査定を行うのです。

その特徴から、訪問査定で算出される査定額とは差が出やすいのですが、売却可能価格を参考にする程度であれば役に立ちます。