車を買うついでに同じディーラーで下取りしてもらうと…

車の査定依頼を中古車販売店にする場合は、お金をとられることはまずありませんが、車を買うついでに同じディーラーで下取りしてもらうと、ちゃっかり査定費用が盛り込まれていることがあります。

査定手数料は現金で支払うことはなく下取額から引くのが普通ですが、業者の無料査定を経験した人ほど本来確認すべきことが疎かになってしまうため、契約書にサインする前に査定手数料は必要なのかをはっきり聞いておくべきです。

査定手数料をとる場合でも事前交渉によっては無償にしてくれることもあります。

どんなに努力したところで、査定の専門家から見れば車の修理歴、ましてや事故歴などは隠しきれるものではないです。

修理歴等を偽って深刻する行為は買取業者に対して詐欺を働くのと基本的には同列のことですから、そうなると価格交渉どころではありません。

また本来申告すべき情報を隠す行為はいわば告知義務違反ということになりますから、いずれは契約破棄、減額、全額返金要求といった事態を招くだけです。

こうしたトラブルを避けるため契約書の記載でも告知義務違反に関する項目は必ずあるはずです。

ボディのヘコみ、バンパーなどの擦りキズは、買取額の見積時に隅々まで確認されるのが普通です。

見てすぐわかるようなキズは当然ながら減点ポイントになりますが、言われて初めて気づくような薄いキズ等はチェックはされるものの、査定額への影響はほとんどないようです。

時々、査定前に修理すべきかと質問されることがあります。

しかし買取額でその修理費の元がとれることは「十中八九ない」と断言できます。

車の修理費は個人と法人(買取業者)で大きく違いますから、個人で高い修理費を払うよりそのまま買取に出したほうがトクなのです。

売却予定の車を査定してもらう場合、車内に喫煙臭や動物(ペット)臭が残っているとどうしてもマイナス査定になってしまいます。

自分では臭いと思わなくても、いつも乗っているため車のにおいに慣れてしまって、気が付かないというケースがほとんどです。

査定前に誰かにニオイチェックを頼むというのも手です。

消臭剤や芳香剤を使用しても付着したにおいはとれませんので、拭き掃除をしっかり行い、発生源を断つことが大事です。

できるだけ多くの買取業者に見積りを出してもらうことは、中古車屋に車を高く買い取ってもらうためのセオリーだといわれています。

実際に何社以上の見積りをとれば良いのかと聞かれると、一概には言えないところがあります。

わざわざ複数の査定を受ける目的は明らかで、市場価値を把握して安く売却するのを避けるということと、競争原理による高い値付けが期待できることに尽きます。

本人が納得できるようなら、2、3社でも十数社でも問題ないのですが、査定額には有効期限があるので長期化は禁物です。

期末であり年度末決算も抱えた3月と、賞与支給後の9月というのは酷暑も一段落した時期で、自動車の販売は好調です。

店側は売れ行きが好調なときはもっともっと商品が欲しいと思っています。

在庫が品薄になるので、買取額が多少高かろうと構わないという姿勢になるのがこの頃です。

売却を漠然と考えているのであれば、狙い目なのがこのシーズンでしょう。

逆に決算終了後の4月には査定額が最も低くなる頃なので売却はお薦めできません。

実車査定に来た業者は決められたシートにのっとって車の買取査定を行うのが普通です。

標準的なレベルを元にそれより上か下かを項目ごとに見ていき、減点したり加点したりで総合的な評価額を出します。

採点されるポイントは、ボディの傷、ヘコミ、修復歴とその状態、改造パーツの有無、走行距離などです。

場慣れした担当者が訪問するので、過去の修理歴について忘れたと言ったり、知らないふりをしても、バレずに済むはずがありません。

他社製のホイールを履いた車を売る場合は、実際に査定を受ける前にメーカー純正品にしておいた方が良いかもしれません。

少数ながら人気の高いホイールもないわけではありませんが、一般的にいうともともとのメーカー品を装着している車のほうがプラス査定がつくことが多いのです。

屋外環境は素材の劣化を招くので出来れば屋内に大事に保管しておくと良いです。

人気のある他社製のホイールはオークションでなかなか良い値段がつく場合も多いのです。

どこに査定を頼んでも値段がつかないと言われてしまった時は、出来ることは限られています。

廃車にするまで乗り続けるか、廃車に近い車を専門に扱う業者に売却するかのどちらかでしょう。

過走行車廃車専門の業者は引き取った車を単体で売ることはあまりなく、使えるところは分解してでも使うというやり方で商売しています。

そんな業態だからこそゼロ円査定されてしまった車でも値段をつけてくれるのです。

業者は廃車手続きの代行もしてくれるので、どうしたら良いか分からないという人でも安心です。

買取業者が車の代金を振り込んでくるのは、その車の売買契約を結んだ日から一週間程度かかるのが普通です。

たとえ訪問査定の当日に契約の意思表示をしていても、ひとつでも書類や印鑑などが欠けていたら契約は不可能です。

なるべく早く売却代金を得たいのでしたら、中古車買取業者に査定に来てもらう以前に必要書類を集めておくと良いでしょう。

必要な書類は軽自動車と普通乗用車の場合とで異なりますから、気をつけましょう。